カプセル状の薬

人工歯根を埋め込むことで、普通の歯のように使えるのが歯科のインプラントのメリットです。 しかし、インプラント治療が向いていない人もいます。インプラント治療が受けられるのは健康的な大人なので、この条件から外れてしまうと治療の対象外になってしまう可能性もあります。 向いていない代表的な例として、骨粗しょう症の人があげられます。 インプラント治療では人工歯根を直接歯に埋め込むことが必要になりますが、その際に骨密度が不足しているとインプラントが定着しない可能性があるのです。そのため、骨密度が不足・薄い人・骨粗しょう症の診断を受けた人は治療の対象外になりやすいです。 骨の形状や位置によっては歯科のインプラント治療が可能なケースもありますが、定着しにくい危険性が高いことを理解しておきましょう。

歯科のインプラント治療を受けたいと希望しても、「骨密度が低いので出来ない」と断られることもあります。 骨粗しょう症の人はインプラントを定着させるための土台である骨がしっかりしていないので、失敗してしまう危険性が高いからです。 それならば骨粗しょう症を治せばインプラント治療が受けられるのかというと、今度は骨粗しょう症の薬が問題になってしまうこともあります。骨粗しょう症の薬に使われるビスホスホネート系の薬剤には、骨粗しょう症の進行を遅らせる効果がありますが、同時に細菌に対する免疫力を弱めてしまうことがあります。 そのため、骨粗しょう症の薬を飲んでいるとインプラント治療中の細菌感染のリスクが高まるので、歯科で治療を受けられない可能性もあります。