麻酔用の注射

インプラント治療を手がける歯科が増えてきました。 日本のインプラント治療の始まりは1970年代アメリカから入ってきた時が起源と言われていますが、当時は技術がしっかりしていなかったり、臨床データが不足していたこともあり、不完全な歯科治療の一つでした。 その後数十年経ち、今では臨床データが充実してきたことや、方法が確立してきたこともあり、すっかりお馴染みの歯科治療になりました。 昔のインプラント治療では、治療後に痛みがなかなか引かなかったり、インプラントが脱落してしまうという治療後の問題も多かったです。 しかし、今では技術が進歩したおかげで、成功率が高くなっています。アメリカから入ってきた当初に比べれば、かなり短期間で安全な治療法ができたと言えるでしょう。

病気や怪我は、患者さん一人一人状態が異なります。それはつまり、最適な治療方法も変わってくるということです。 歯科のインプラント治療もその一つで、患者さんの口腔内の状況によって、最適なインプラント方法が異なります。 まず健康状態に問題がないかどうか調べ、受けられるとなったら100種類以上ある組み合わせの中から最適な土台や人工歯根を選んでいきます。 歯科治療での進め方も患者さんごとに異なります。 そのため、インプラント治療では手術のデータが多いことが重要と言われています。手術したデータが多ければ多いほど、様々なケースに対して対応しやすくなります。 実際にインプラント治療を受けるときには、実績と経験のあるデータが豊富な歯科医に任せるのが一番安心です。